最新記事

世界各国の携帯事情において、米・英・仏・韓・シンガポールなどの国から比べると日本におけるスマートホーンの保有率は、かなり低いことと言われています。アメリカの約70%を始め、韓国・イギリスでは80%台、シンガポールに到っては90%を越す人がスマートホーンを利用しているとの統計になっています。日本は残念ながら、50%強の数字にしかなっていなく、未だガラケーに依存する人が多いことを示しています。そのような実績があることから、携帯買取と言うサービスが広がってもいるのでした。

相変わらず人気のガラパゴス携帯電話、日本特有のものが悪いとされた時代もありました。ですが今では完全に見直されて来ています。それはスマートホーンと遜色ないまで、いろいろなことが出来る携帯電話に変身しているからです。つまり、ガラケーを持つことで、不満がないと言う人が増えていると良いのでしょう。また電池の長持ちと言う点でも、ガラケーが一歩リードしています。そんなことから、ガラケーとスマホの二台を持ち、使い分けるなどの無駄も発生するようになり、携帯需要が増えることで携帯買取が増えてもいるのでした。